転職する際の3つのポイント

ソファーナース転職の重要ポイントは3つあると思います。1点目は、転職先の職場の雰囲気です。どの病院も独特の雰囲気や特徴があり、同じナースの職場と言っても勤務先によって大きく異なります。職場の雰囲気に馴染めないと、どんなに能力があるナースであっても人間関係への疲れやストレスなどから十分に能力が発揮できなくなってしまうので、転職に際しては事前に勤務先の雰囲気について十分調査しておく必要があるでしょう。具体的には、採用試験を受ける前に病院を訪問してみたり、実際にその病院で働くナースに話を聞いてみると良いでしょう。ナース転職の重要ポイントの2点目は、転職先の勤務体系です。病院は24時間運営する必要があるため、スタッフが交代で勤務するのが普通です。どのような勤務体系を敷いているかは病院によって異なりますが、一般的には1日の勤務を2つのシフトに分け職員が交代で勤務するシフト制と、当直には専門の職員を雇い、一般のナースは日直のみを行うという常勤制があります。シフト制の場合、当直を行いたくないような場合でも、行わざるを得ない場合がありますので、どうしても夜勤が行えないというような場合には、事前に転職先の病院の勤務体系を確認のうえ、採用面談においてその旨を伝える必要があるでしょう。ナース転職の重要ポイントの3点目は、その病院の人事評価が実力主義なのか、年功序列主義なのかという点です。後者の場合、たとえ能力があっても病院勤務年数が短いというだけの理由で冷遇される可能性があります。

コメント

コメントを受け付けておりません。